« 2011年1月 | トップページ

2011年2月

ペアルック

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには瓶でも

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナニワの掟

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨が降ったら、お休みで

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日は、要らないね。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り途

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バス待ち

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お尻冷えちゃう

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒椿

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えて、いるようないないような

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の執事

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船の底

Photo

| | トラックバック (0)

手、つなご?

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一有名なサキソフォニストと、虫歯の子

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

deep zone

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食文化

Photo_2

いろんな命のいただき方があるのだから。
郷に入って、従おう。

おいしい食べ方を知らないだけかもしれないし。
喰わず嫌いはもったいない。もったいない。

いただきます。ごちそうさま。(深々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一緒に、住もうよ。

Photo_3

東京で「下町」というと、東側だろう。
西側にも、似た風景はあるけれど。

こと、中央線沿いは、
昭和っぽいものと、エスニックなもの。
いろんな音楽、いろんな芝居、いろんな文化。
いろんな食、いろんなファッション。

ごちゃごちゃしてる。
こってりしてる。

でも、ギリギリのバランスで。
それぞれ、自己主張しながら。
それぞれ、うまくやってる。

だから、私の中の中央線沿線はいつだって。
褪せた原色に、ハイコントラスト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑う門

Photo_2

おたふく。お多福。

自分も、しあわせ。
周りも、しあわせ。

そんなふうに笑うおばあちゃんになること。
私の野望。最終野望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発進!

Photo

はじめの一歩、は力が入る。

だいじょぶ。
一度動き出したら、あとはすいすい。

もし、上り坂があったら?

だいじょぶ。
それは、そのとき考えよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋「ダイソー」

Photo_3

家で呑むのも、いいけれど。
お洒落してレストランも、好きだけど。

おでん、ホルモン、焼き鳥、串カツ。
ホッピー、生中、ハイボール。

ガヤガヤしてるし、酔っぱらいも多いけど。
本音が多くて、嘘が少ない。

ここはあったかいよ。
立ち呑み屋、万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナログだもの。

Photo_2

盤のつやり、が好き。

ジャケットを脱がせて、袋から出して。
端を持ってそ、っとプレイヤーに載せる。
それをやるのも好き。
見てるのも好き。

針を落としたときの、ジジジ...も好き。

この先、便利なものがたくさん出てきて、
いろんな愉しみ方が増えても。

これはこれで、好き。
たぶんずっと、好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっきな愛

Photo

北海道では、「新巻鮭」を贈る風習がある。
実家にいると、いただきものであったりする。
塩蔵の鮭一匹。どーん!

お正月に、お歳暮に。
「一年間、お世話になりました」
「今年もよい年になりますように」
で、鮭一匹。どーん!

愛が、ダイナミック。
悪くない。悪くないぞ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注意喚起

2

よく、つまづく。

何かあっても、転ぶし。
何もなくても、転ぶ。

この前はビールを買おうとして、レジ前で派手に落とした。
缶がべこべこに凹むぐらい。

店員の方が「わちゃー」って顔して見てる中、
そそくさと会計を済ませ、バレないように店を出た。

帰宅して。さて呑もう、というとき。
さぞかし勢いよく噴き出すだろう。
そう予想して、流し場でそっと開けた。

ぷす、ぷすす...

何だ、この程度かい。

世界は、予想外のことで満ちている。
それでも、ビールは旨いのだ。

何事も、経験。経験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ